Meal Seç / Sure Seç

(JAPANESE) QURAN
90 - 町章〔アル・バラド〕
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。
        
1. われはこの町において誓う。
2. あなたはこの町の(居住権を持つ)住民である。
3. 生む者と生まれる者にかけて(誓う)。
4. 本当にわれは,人間を労苦するように創った。
5. かれ(人間)は,何ものも,自分を左右する者はないと考えるのか。
6. かれは,「わたしは大変な財産を費した。」と言う。
7. かれは,誰もかれを見ていないと考えるのか。
8. われは,かれのために両目を創ったではないか,
9. また一つの舌と二つの唇を。
10. 更に二つの道をかれに示した(ではないか)。
11. だがかれは,険しい道を取ろうとはしない。
12. 険しい道が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。
13. (それは)奴隷を解放し,
14. または飢餓の日には食物を出して,
15. 近い縁者の孤児を,
16. または酷く哀れな貧者を(養うこと)。
17. それから信仰する者になって忍耐のために励ましあい,栗いに親切,温情を尽しあう(ことである)。
18. これらは右手の仲間である。
19. だがわが印を拒否する者,かれらは左手の仲間である。
20. かれらの上には,業火が覆い被さるであろう。